うらかわ歯科医院の小児歯科の特徴

小児歯科の基本方針

子供は、小さな大人ではありません。
年齢に応じた重要な変化があります。
1歳半で、検診をおすすめします。
小児歯科では、子供さんが良い大人の口腔に成長できるために、ケアと予防をしていきます。

虫歯の治療や予防だけでなく、うらかわ歯科医院では、矯正歯科を併設しているため、歯並び、かみ合わせをチェックしています。虫歯や予防処置のタイミングで、歯並び相談が受けられます。(無料)

育てる歯並び、不正咬合の治療時期、治療方法のアドバイス、子供たちのさまざまな歯科のトラブル、総合的に診ることを、当医院のコンセプトにしています。

チェックしよう!子供の舌の異常

舌小帯強直症
舌の下にあるすじが短い子供さんがいます。舌は筋肉のかたまりです。短いすじに引っ張られて、舌の正しい動かし方を難しくします。
その結果、間違った使い方になってしまい、発音の異常、歯並びの異常をおこしてしまうことがあります。簡単な形成術で治ります。

子供さんのべろをチェックしてみましょう。
あっかんべーがうまくできますか?まっすぐにとんがってべろが出てきますか?上唇を上手になめられますか?べろは、歯並びの育成係です。

子供の虫歯

子供の歯は、生後6ヶ月くらいから生えてきて、2歳半ばくらいで写真のように20本生えそろいます。奥歯の歯と歯の間がよく虫歯になります。仕上げ磨きの時に、歯ブラシ以外にデンタルフロスなどで、時々お掃除してあげると予防ができます。
歯が小さいので、穴があいてしまうと、ほとんど神経の処置が必要になります。できるだけ予防を心がけましょう。

スマホアプリ「歯磨き勇者」の効果は?

 スマホアプリ、「歯磨き勇者」は、子供たちに有効ですか?
スマホにダウンロードして、お子さんの歯磨きの友になってくれるアプリ「歯磨き勇者」。うらかわ歯科のスタッフの子供たちでためしてみました。

詳しくはこちらをクリック