スマホアプリ、「歯磨き勇者」は、子供たちに有効ですか? スマホにダウンロードして、お子さんの歯磨きの友になってくれるアプリ「歯磨き勇者」。うらかわ歯科のスタッフの子供たちでためしてみました。 スマホを見ると、自分の顔がスマホに映り、兜が頭につきます。それから歯磨きをスタートすると、画面にばい菌君が現れ、まわりの勇者たちが矢を放ちやっつけます。ばい菌は大きくなって、やがてモンスターにかわっていきますが、歯ブラシのごしごし回数が増えると、ぼかんとモンスターは消えちゃいます。それを繰り返します。 なかなか楽しいソフトです。 スタッフの5年生のお子さんには、ちょっと幼稚かな~と思いましたが、しっかりはまって、かなりごしごしやってくれたそうですよ~。幼稚園児は、もちろん大興奮。最後に大人の私たちもやってみました。 実験結果・・・歯磨きを楽しくするって意味ではとてもいいですね~。しかも、あきるまでは、かなり歯磨きしたくなるかもしれません。こどもさんの歯磨きのモチベーションを上げる、という意味では、花丸です。 でも、ちょっと困ったことに、やみくもにごしごしやってしまいます。ごしごしは、スピーディーにやればやるほど、モンスターは撃退できるので、いつもより、かなり力んで強めにごしごし。 う~んこれでは、ちょっと~。きちんと磨けないな~・・・ ということで、うらかわ歯科の実験では、歯磨き勇者は、歯磨きしたくない子のきっかけづくりに最適である、という結論にいたりました。小さな子は仕上げ磨きをするから、たまにアプリを使って、歯磨き楽しいな、という気持ちを作ってあげるのにいいですね。 大きいお子さんは、アプリを使った後は、アプリを止めて、磨き残している部位を丁寧にプラス歯磨き。 大人は~ですね。アプリに映った自分の顔をチェックするのにいいかもです。もどる。