うらかわ歯科医院のインプラントの特徴

インプラントは失った歯のかわりを果たします。かめる、残った歯を守る、見た目の改善に貢献します。
総合治療の中でインプラントの長所が生かせる場所を見極めて、無理のないインプラントを入れていくことが大切です。

当院のインプント治療のコンセプト

インプラント治療は、ベースになる、歯や歯茎の一般治療、かみ合わせの診断といった基礎的な技術に支えられる治療と考えます。

そのため、インプラントがすべてといった診断ではなく、すべての治療法から、インプラントが向いている場合で、しかも、患者さんがそれを望まれる場合に選択することをおすすめします。

インプラントを入れるための、健康な骨が足りない場合もあり、そういう場合には、義歯を選択していただくこともできます。義歯は目立たない審美義歯も提案しています。

患者さんの希望をお聞きして、最も適した治療法をアレンジしていくことを心がけます。
最小限の侵襲で最大限の効果を発揮する方法を検討しています。

インプラントは院長が担当させていただきます。

奥歯のインプラント

一般的に奥歯から歯を失うことが多いようです。
奥歯は咬みあわせの強い力がかかるので、根が折れたりすることもあります。
奥歯が2本なくなると、取り外しの義歯を入れるのが一般的ですが、抵抗がある方もいます。

インプラントはこの段階で役に立ちます。
奥歯の安定した咬みあわせをキープすることで、お口の中全体を守ってくれます。
それから、見た目にも、機能的にも自分の歯に近い感触が取り戻せます。
多くの歯を失う前に、全体を守るためのインプラント、という考え方もできると考えます。

すでにインプラントを入れている方 インプラントがぐらぐらしてきた!

当医院では、インプラントを入れたけれど、痛みが続く、咬めないといった、トラブルをかかえている方の相談にものっています。
また、インプラントの歯がぐらぐらしてくることがあります。~インプラントの失敗??

あわてないでください。~インプラントには、いわゆる耐震構造が組み込まれて、強い力がかかり続けると、インプラントと上の人口の歯を結合しているねじがゆるんで、インプラントを守るような構造になっています。そのねじがゆるんでいるだけの場合があります。

うらかわ歯科医院では、こういうケースの相談に乗っています。この場合、入っているインプラントのメーカーにあう器具で、ねじをしめればぐらぐらは治ります。当医院が採用しているメーカー以外のものであれば、福岡歯科大のインプラント課と連携しているので、紹介状を書いてねじ締めをしてもらいます。

インプラント以外の方法はありますか?

当医院では、前の病院でインプラントを強行にすすめられ、悩んでいるという方の相談を時々受けます。
インプラント以外に、失った歯の機能回復は無理ですか?という相談をされます。

普通の入れ歯より、目立たない入れ歯(義歯)を入れることがあります。
まずインプラントありきではなく、すべての治療法から、自分にあった治療法を選ぶことが重要です。
インプラントは確かに良い方法ですが、金額もかなりしますし、外科処置もいります。それ以外の方法で可能か、総合的にお話しています。