べろ(舌)は筋肉の塊です。しっかり筋肉がついていれば、色んな良いことがあります。

さあ、診断してみてくださいね~。
あっかんべ~!

べろ診断

要注意!!危険信号!舌が、だらんと丸く下に向かって出る 最も、舌の筋肉が弱い!!

べろ診断

要注意、中等度舌が弱い!!舌が、細く下に向かって出る

舌診断

理想的!!舌が細く、水平にまっすぐ出

舌の筋肉が弱いと

子供さんでは⇒顎が横に広がって成長しにくく、不正咬合をひきおこす。口呼吸がおこりやすい。

成人では⇒かみしめ癖や、丸く下に出るよう注意スタイルの人は、いびきがひどかったり、無呼吸症候群をひきおこすこともある。

高齢者⇒誤嚥性肺炎になりやすい。

舌の筋肉をつけるには、

口を閉じて、しっかり奥歯で咬むようにする
あいうべ体操、あっかんべー、べろを突き出し練習、
舌ぱっちん練習(上あごに舌を吸いつけたまま、いっきにひきはがす。ぱちんと音がします。べろが弱いとできないこともある。)
舌ワイパー 舌を突き出して、右左に動かす。
舌で上下の歯の表を何周も、ぐるんとなめる。

お子さんのうちから、舌を強くするためには、

口を閉じて、奥歯でしっかり咬むように気をつける。
柔らかくて刻んだものばかり食べない。

舌を見ると、色んな情報がわかります。いつも、歯といっしょに舌も見ていま~す💛

おすすめの記事